「ドンベクの花が咲く頃」コン・ヒョジンとコ・ドゥシムが親友、カン・ハヌルに衝撃


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

『ドンベクの花が咲く頃』でカン・ハヌルがコン・ヒョジンとコ・ドゥシムが親しいという事実を知って逃げた。

2019年9月26日に韓国で放送されたKBS2の水木ドラマ『ドンベクの花が咲く頃』7話ではファン・ヨンシク(カン・ハヌル)がドンベク(コン・ヒョジン)と母クァク・ドクスン(コ・ドゥシム)の関係を知った。

この日、ファン・ヨンシクはドンベクとヒャンミ(ソン・ダムビ)のキムチの漬け込みを助けながら「助けてあげるって言っただろう」とぼやいた。

その一方でドンベクが近所の友達からキムチをもらうという言葉に「それでもドンベクさんに近所の友達がいるんですね」と関心を示した。

ヒャンミが「いますよ。この町で一番強いお姉さん」と答えると、ファン・ヨンシクは「なんだか心強いですね」と満足そうにした。

以後、ファン・ヨンシクは母クァク・ドクスンのケジャン店でもキムチの漬け込みを助けた。ファン・ヨンシクが近所中がキムチを漬け込んでいると不満を述べると、クァク・ドクスンは「分けて食べたらいいでしょう」と「ベストフレンド」の分だというキムチを分けておいた。

これにファン・ヨンシクが「ベストフレンド?母さんにも親友がいるの?」と聞くと、クァク・ドクスンは「ドンベク」と答えた。ファン・ヨンシクはようやくドンベクとクァク・ドクスンの関係を知って驚愕し、トンベクがお店を訪れる直前、レジ下に逃げた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者
  • 入力 2019-09-26 22:41:22