「雲が描いた月明かり」など出演のテ・ハンホ、きょう一般女性と結婚


俳優テ・ハンホ(36)が今日(5日)結婚する。

テ・ハンホはこの日、ソウルの某所で6歳年下の一般人の恋人と結婚式を挙げる。テ・ハンホと相手は3年間お互いへの愛と信頼を築き、結婚式を挙げることになった。

挙式は両家の親族をはじめとし、親しい知人だけを招待して非公開で進行される予定だ。

テ・ハンホの所属事務所MYSTICストーリーは「夫婦の縁を結ぶことになった2人の今後に温かい祝福を送ってほしい」と呼びかけた。

テ・ハンホは6月12日、キム・テホPDのYouTubeチャンネル「遊んだら何する?」に出演して「結婚する。ウェディングフォトの撮影があってドレスを合わせている」と秋の結婚を発表した。テ・ハンホはまたチョ・セホ、ユ・ビョンジェに会った席で「プロポーズをしなければ一生不満が残ると聞いた。東京ディズニーランドのシンデレラ宮殿の前でささやかにプロポーズした」と明らかにした。

演劇の舞台で実力を磨いたテ・ハンホはドラマ『伝説の魔女~愛を届けるベーカリー』、『ピノキオ』、『お願い、ママ』、『雲が描いた月明かり』、『ミシンナイン』と映画『念力』などに出演して個性派俳優として定着した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-10-05 08:10:55