チ・チャンウク&イム・ウォニがユ・ジェソクと塩田に 番組史上最も過酷な労働


ユ・ジェソクの「労働ヒーリングプロジェクト」tvN『仕事で会った仲』(演出チョン・ヒョミン、イ・ウンギョン)に、tvNの新しい土日ドラマ『僕を溶かしてくれ』に出演中の俳優チ・チャンウク、イム・ウォニが出演して、全羅北道で塩田労働を行う。

韓国で5日夜10時40分に放送される『仕事で会った仲』では全羅北道にある大規模な塩田を訪れるユ・ジェソクとチ・チャンウク、イム・ウォニの姿が公開される。

3人は塩を集めることから、異物の除去、塩山作り、塩の移動、塩カートの運搬、倉庫への保管、包装まで、番組史上最も過酷な労働に投入されて注目を集める。

若い頃からコーヒーショップ、居酒屋のサービング、宅配便の積み降ろしなど、様々なアルバイトをした経験があると明らかにしたチ・チャンウクは経験者らしく、労働最初の段階から優れた腕前を披露する。

特に海水が太陽の光を浴びて作られた塩を塩田で集めるとき、波の音と似た「スァア、スァア」という音が響き、ヒーリングを提供する。

事前のインタビューで本人の仕事のやり方について「要領など気にせず大変なこともそのままやる。文句は言わずに可能なかぎり最善を尽くそうとする」と明らかにしたイム・ウォニだったが、労働が始まって少したつと耐えられずに不平の混ざった本音を吐き出して笑いを誘発する。空腹と背中の痛みを訴えていたイム・ウォニはチ・チャンウクが「以前にこんな番組があった、『体験人生の現場』」と話すと、「こんなものではなかった。あれは笑いながら働いていたが、これは笑いが出てこない」と嘆いた。

何よりも、塩の運搬と保管の過程では避けられない「シャベル仕事」が3人の働き手を過酷な労働に追い込んで、限界が試される。塩田で塩をカートに移すだけでも十分に疲れてしまったユ・ジェソクは普段、放送で見せていたジェントルなイメージとは異なり、シャベルを床に投げ捨ててわがままを言う姿で衝撃を抱かせる。しかし、ここでは終わらず、密閉された塩の倉庫の狭い空間で塩をシャベルで移動させる労働を続け、3人は極度の苦痛を訴える。

風にあたるため倉庫の外に出てきた3人は、アイスボックスにあった大型の氷を取り出し、お互いの顔に擦り付ける姿で切なさを誘う。

ユ・ジェソクは、番組史上初めて途中で日当をあきらめると話して爆笑を誘う。粘り強く労働をすべて終えた3人は「テレビで塩田を見たとき大変だろうとは思っていたが、本当にここまでだとは思わなかった」とつらい労働に敬意を表した。

「ドラマの広報のためだったが、考えが浅かった。この番組は本当にすごい。このバラエティで諦めることを学んだ」と舌を巻いたチ・チャンウクと、労働後にも乱れたりせず変わらずに輝く「ロマンスの眼差し」を持つチ・チャンウクの顔に感嘆するユ・ジェソクとイム・ウォニのシャベル労働は5日、土曜日の夜10時40分、tvN『仕事で会った仲』で公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-10-05 10:59:54