「ノクドゥ伝」視聴率低下するも月火ドラマ1位


『ノクドゥ伝』の視聴率が小幅で下落した。

8日午前、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、7日に韓国で放送されたKBS2の月火ドラマ『ノクドゥ伝』(脚本イム・イェジン、演出キム・ドンフィ)5・6話は5.4%と7.1%(全国基準)の視聴率を記録した。

これは去る放送が記録した6.5%、8.3%よりそれぞれ1.1%P、1.2%P下落した数値だが、月火ドラマ1位に該当する。

『ノクドゥ伝』は同名の人気ウェブ漫画を原作とする作品だ。

なぞめいた寡婦村に女装をして潜入したチョン・ノクドゥ(チャン・ドンユン)と妓生になるのが嫌なトン・ドンジュ(キム・ソヒョン)の愉快な朝鮮版ラブコメディドラマだ。

一方、同時間帯に放送されたSBSのバラエティ番組『リトル・フォレスト』はそれぞれ3.0%と3.8%の視聴率を記録した。KBS1『歌謡舞台』は8.6%を記録した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-10-08 07:31:46