イ・ソジン、ブルックとの別れに涙こらえる「大変なことになった」


『リトル・フォレスト』でイ・ソジンがブルックとの別れに涙を我慢したと告白した。

7日に韓国で放送されたSBS『リトル・フォレスト』は最終日を迎えたイ・ソジン、イ・スンギ、パク・ナレ、チョン・ソミンが子供たちと別れる姿が公開された。

この日、イ・ソジンとイ・スンギ、パク・ナレ、チョン・ソミンは食事の後、子供たちと最後の挨拶を交わした。動物たちに挨拶したブルックはイ・ソジンに駆け寄った。

イ・ソジンはブルックを抱き上げて、思いが込み上げたような姿を見せた。

イ・ソジンは制作陣とのインタビューで「これまで放送で一度も涙を見せたことはない。この時は少しきた。ブルックの顔を見たらそんな感じがして、大変なことになった思った。ブルックが泣いたら私も泣くかもしれないと思った」と話した。

続けてイ・ソジンは「このような姿を見せることはできないと、自分自身で決意して我慢した」と説明した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-10-08 09:23:15