アン・ヘギョン、母親の片麻痺を告白「お家ご飯が恋しい」


アン・ヘギョンが切ない家族の事情を公開した。

去る8日に放送されたSBSのバラエティ番組『燃える青春』では慶尚北道の青島へ旅行するメンバーたちの姿が公開された。

この日、新しいメンバーとして出演したアン・ヘギョンは「一人で暮らしているのか」という質問に「ずいぶん昔からだ。高校の時から自炊だけで20年目」と明らかにした。

続いてアン・ヘギョンは「母が脳梗塞により片麻痺になった」とし「母の手料理を食べたのは10年前だ。お家ご飯がいつも恋しかった。おかずの多い家に行くととても嬉しい」と打ち明けた。

先立って、アン・ヘギョンは放送を通じて母親が2010年の夏に倒れたと明らかにしている。当時、アン・ヘギョンは「母は現在、左脳の梗塞により右側が片麻痺となった状態で、言語、感性、理性の調節が難しく、判断力があやふやだ」と「認知能力が低下してほぼ赤ちゃんになった」と状況を説明していた。

一方、『燃える青春』は毎週火曜日の午後11時20分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ
  • 入力 2019-10-10 10:27:53