「BTSの成功の秘訣は時代精神込めたメッセージ」パン代表

米タイム誌のインタビューで 

「防弾少年団(BTS)の時代精神を盛り込んだメッセージがデジタルの世界に出会ってすばやく伝播し、ちょうど米国になかったいくつかのポイントを刺激したようだ」

パン・シヒョクBIGHITエンターテイメント代表が分析した防弾少年団の成功の秘訣だ。

8日(現地時間)、米国の時事週刊誌タイム誌のウェブサイトに掲載されたインタビューでパン代表はこのように語り、「防弾少年団は多様性を尊重して時代の痛みを直接語ったし、デビューした後は一度も自分たちの音楽の志向点を変えないことから大衆に確信を与えた」と説明した。今回のインタビューは先月初め、米国ロサンゼルス現地で1時間半ほど行われた。

タイム誌はパン代表を「世界最高のボーイバンド防弾少年団のプロデューサー」として紹介した。この媒体は彼が率いるBIGHITエンターテインメントを「現在の音楽業界で最もエキサイティングな研究事例」と評価した。インタビューでパン代表は「成功のための正確な因果分析は難しいが、いわゆる米国で主流として通じる公式とは異なるアプローチをしたのは明らかだ」とし、「最も重要なのは、音楽そしてファンと直接コミュニケーションしつつ積み重ねたロイヤリティが大きな役割を果たした」と強調した。

パン代表は「Kポップは工場型音楽」という西欧圏の視角に対しても意見を現わした。彼は「米国のアーティストはメジャーレーベルと契約するまではアンダーとして数年間活動する。一方、韓国ではこの期間を練習生としてトレーニングを受ける」とし、「どの方法がアーティストに多くの利点があるかは、議論してみるべき事案だ」と力説した。

Kポップ歌手は作詞・作曲を直接しないという指摘については、「歌手は基本的にパフォーマーであるため、優れたパフォーマンスだけでも大衆に十分感動を与え、魂を渡すことができる」とした。

続けて彼は、「BIGHITエンターテインメントはその代わりに練習生期間は音楽スキルだけに集中せず、社会性を含めたアーティストとしての人生全般を教育するために多く投資している」とし、「防弾少年団の成功の後はメントリング強化するなど、一般的な学校のようにシステムを変えている」と付け加えた。

最近にBIGHITエンターテインメントが断行したソースミュージック買収など、ポートフォリオの多様化にも言及した。パン代表は「ソースミュージックとともに新しいガールグループのためのグローバルオーディションを進行しており、既存のKポップアーティストとは別の方法でアクセスする計画」だとし、「これからBIGHITエンターテインメントがどのように音楽市場を拡大していくのか見ることができるだろう」と語った。

パン代表は防弾少年団とビートルズの比較については、「うれしいことに防弾少年団が‘21世紀のビートルズ’と呼ばれる背景には、グローバルな巨大ファン層を介して産業秩序を変えている点、新しい形のコミュニケーションを造成しているという点のため」だとし、「このような栄光のタイトルが維持されることを願って、海外のメジャーな賞、特にグラミーで良い結果を得ることができることを期待する」と語った。
  • 毎日経済_パク・チャンヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-10-10 17:22:39