SMエンタ所属タレントのソルリが死去「自殺と推定」


歌手兼俳優のソルリ(本名チェ・ジンリ / 25)が14日、遺体で発見された。

京畿城南寿井警察署によると、この日の午後3時21分頃、自宅である城南市寿井区の田園住宅の2階でチェさんがなくなっているのをチェさんのマネージャーが発見、通報した。

マネージャーは前日の午後6時30分頃、チェさんと最後の通話をした後に連絡が取れなかったため、この日、チェさんの家を訪問したことが分かった。

警察は現在までに他の犯罪と疑われる点が発見されず、チェさんが極端な選択をしたと見て捜査している。まだ遺書は発見されていない。

2009年、f(x)としてデビューしたチェさんは2014年、ネット上の誹謗中傷やデマによる苦痛を訴えて芸能活動を暫定中断していたが、翌年に演技活動に集中するとしてチームから脱退した。

現在、JTBC2のバラエティ番組『アクプルの夜』のMCとして出演している。『アクプルの夜』はスターたちが自身へのネット上の誹謗中傷に対する本音を虚心坦懐と打ち明ける番組だ。

警察関係者は「チェさんは自宅に一人で暮らしていたことが分かっている」とし「現在までは自ら命を絶ったと推定されているが、すべての可能性を開いて捜査する」と明らかにした。
  • 毎日経済 デジタルニュース局
  • 入力 2019-10-14 17:37:00