ク・ハラ、故ソルリさんを追悼「ジンリがしたいように」


グループKARA出身の歌手ク・ハラが故ソルリ(本名チェ・ジンリ、25)を追悼した。

14日、ク・ハラはSNSに「あの世界ではジンリがしたいように」というコメントと一緒に複数の写真を掲載した。

公開された写真には、ソルリとク・ハラの親しい姿がおさめられている。写真の中の2人は、お互いに顔を寄せ合ってカメラを見つめたり、一緒に眠っている姿だ。

ソルリはこの日の午後、京畿道城南市にある自宅で遺体で発見された。

最初の発見者は彼女のマネージャーであり、発見当時すでに亡くなっていたことが分かった。

ソルリの所属事務所であるSMエンターテイメントは「あまりにも悲しく切ない知らせを伝えることになり申し訳ない。ソルリが私たちのもとを離れた」と明らかにした。続いて「今の状況があまりにも信じられず、悲痛なばかり」とし「故人の最後の行く道に深い哀悼の意を表する」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-10-15 07:37:24