[フォト] 灯りの消えた故ソルリさんの自宅2階


ソルリ(25、本名チェ・ジンリ)が14日、京畿道城南市にある自宅で遺体で発見された。

マネージャーは13日午後6時30頃、ソルリと最後の通話の後から連絡が取れずに自宅を訪問した。マネージャーは「うつ病がひどい妹が自ら命を絶った」と通報した。

以後、警察は現場を訪れ現在までに他の犯罪が疑われる点が発見されず、ソルリが極端な選択をしたと見ている。

2009年、f(x)としてデビューしたソルリは2014年、ネット上の誹謗中傷やデマによる苦痛を吐露していた。

しかし、ソルリはJTBC2『アクプルの夜』に出演して明るい姿を見せていた。また、最近までSNSを介して近況を伝え、ファンと積極的に疎通していた。

一方、SMエンターテイメントは「突然の悲報に深い悲しみに沈むソルリの遺族の方々が静かに葬儀を行うことを望んでいる。すべての葬儀の過程を取材陣に非公開で進行する」と明らかにした。





  • 毎経ドットコム MKスポーツ オク・ヨンファ記者
  • 入力 2019-10-15 00:39:37