故ソルリさん、死因究明のため司法解剖


歌手兼女優の故ソルリさん(本名チェ・ジンリ、25)が自宅で遺体で発見された中で、正確な死因分析のために司法解剖が行われる予定だ。

故ソルリさん死亡事件を担当している京畿城南寿井警察署の関係者は15日、毎日経済スタートゥデイに「正確な死因を究明するために、故人の解剖が行われる予定だ」と明らかにした。

関係者は「現場の鑑識結果、外部からの侵入の痕跡はなく、自ら命を絶ったと推定しているが死因が明確ではないことから遺族の同意のもとで解剖を進めることにした」と明らかになった。

現場で発見されたソルリの手書きメモについては「メモの具体的な内容は明らかにできない」とした。

ソルリは14日、午後3時20分頃、京畿道城南市寿井区にある自宅で遺体で発見された。ソルリのマネージャーが前日の午後6時30分頃、ソルリと最後の通話をした後に連絡が取れなかったため自宅を訪れたが、すでに亡くなった状態だったことが確認された。

葬儀場はじめ出棺など葬儀の過程は非公開だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-10-15 11:57:37