[公式] イ・ヒョヌ、19日に除隊 イベント予定無し


俳優イ・ヒョヌが来る19日、現役から満期で転役する。

イ・ヒョヌの所属事務所AWESOME ENTは15日、毎日経済スタートゥデイに「イ・ヒョヌが来る19日午前、満期転役する」とし「転役日まで軍服務を忠実に行う計画」と明らかにした。

イ・ヒョヌは昨年2月19日、京畿道坡州にある前進部隊の新兵教育隊に入所、京畿道坡州第1師団の捜索隊で軍服務を行ってきた。

所属事務所は「イ・ヒョヌの所属部隊が民間人と取材陣の出入りが統制されている最前方部隊で、当日部隊と周辺の通行に被害を与えないため別途イベントの進行が難しい点、ご理解いただきたい」と伝えた。

イ・ヒョヌは2004年に子役としてデビュー、ドラマ『太王四神記』と『善徳女王』、『ドラゴン桜〈韓国版〉』、『ブレイン』、『花ざかりの君たちへ』、映画『シークレット・ミッション』などに出演して活躍した。

イ・ヒョヌは除隊後、ミュージカル映画『英雄』の撮影を準備する計画だ。『英雄』はユン・ジェギュン監督の次期作で、安重根義士逝去110周年を記念して2009年に初演された同名のミュージカルを映画化した作品で、キム・ゴウン、ナ・ムニ、チョ・ジェユン、ペ・ジョンナム、イ・ヒョヌ、パク・ジンジュなどが出演する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-10-15 13:45:08