テ・ジナ「約束どおり3000坪をKangNamとイ・サンファに」


歌手テ・ジナがKangNamが結婚したら3000坪の土地をあげるいう約束を守ると宣言した。

15日、韓国で放送されたSBS『本格芸能 真夜中』ではKangNamとイ・サンファの結婚式の現場が公開された。KangNamとイ・サンファのカップルは去る12日、Vistaウォーカーヒルソウルで結婚式を挙げた。

この日、KangNamは結婚を控えて取材陣の前に立って「サンファと一生懸命に生きる。軽く震えている」と結婚の所感を明らかにした。続いて万歳三唱を叫んだKangNamはウェディングドレスを着たイ・サンファを見て「妖精だ。白い妖精」と感心した。

テ・ジナは2人の結婚式の主礼として参加した。テ・ジナの登場に注目が集まった理由は過去のKangNamの発言のためだ。先立って去る5月、KangNamはあるバラエティ番組に出演してテ・ジナの後輩愛に言及した。当時、テ・ジナの所属事務所に属していたKangNamは収益配分についての質問に「(テ・ジナは)10なら10をすべて私にくださって、持って行くことがない。まるで父親のようによくしてくれる」とし「後でたくさん稼いだら、渡したい分だけ渡せと言われた」と伝えた。また、KangNamはさらに「(テ・ジナ)先生が「結婚したら3000坪の土地をあげる」と言った」と伝えて驚きを誘った。

結婚式の主礼を喜んで引き受けたテ・ジナは「土地を与えるという約束を守るか」という質問に、「冗談だったのに本当に結婚した。あげるべきだろう」と笑いながら答えて注目を集めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-10-16 09:32:27