「ドンベクの花が咲く頃」17・18話 コン・ヒョジン、キム・ジソク断りカン・ハヌルとキス

「ドンベクの花が咲く頃」17・18話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

『ドンベクの花が咲く頃』でコン・ヒョジンがキム・ジソクの求愛を断った。

16日に韓国で放送されたKBS2の水木ドラマ『ドンベクの花が咲く頃』17・18話ではドンベク(コン・ヒョジン)が息子ピルグ(キム・ガンフン)のためにオンサンを去ろうとする姿が描かれた。カブリの存在を恐れたからだ。

ヨンシク(カン・ハヌル)はドンベクのためにカブリを捕まえようと苦労した。ドンベクはヨンシクに「ヨンシクさんは融資もしてもらえない私の人生のボーナスのような人だった」と話したりもした。

ドンベクの昔の恋人ジョンリョル(キム・ジソク)は妻ジェシカ(チ・イス)のミラノ行きの催促に疲れて離婚について悩んだ。

彼はドンベクに3000万ウォンのお金が入ったアワビをプレゼントした。ドンベクは息子のためにお金を受け取った。

ジョンリョルはドンベクに野球と日常のすべてを捨ててくるから受け入れてほしいと哀願した。ドンベクは混乱した。この時、ヨンシクがバラの花を持って登場した。ヨンシクはドンベクに「ドンベクさん。ドンベクさんが望むとおりにしてほしい」と話し、ドンベクは自分を持っているジョンリョルの手を拒んだ。

ジョンリョルはあきらめなかった。彼はドンベクを呼び出してピルグの野球留学を提案した。ドンベクはジョンリョルに「今さら出しゃばらないで」と断った。ジョンリョルは変わったドンベクが輝いて見え、去ろうとするドンベクを引き止めた。

ドンベクは再びジョンリョルの求愛を拒絶し「ヨンシクさんが言っていた。私は幸せになる資格があふれている人だと」と「逃げる人に非常口はない。私は二度と逃げない。だからみんな本当にふざけないで」と一喝した。

ドンベクはヨンシクのもとへ駆けつけた。ドンベクはオンサンを離れないと宣言し、ファン・ヨンシクは再びドンベクに惚れた。ドンベクはヨンシクの頬に口付けをし、ファン・ヨンシクは「君が先にした」とキスでときめかせた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-10-17 09:17:15