叙事詩を成す世界観... Kポップ成功の秘訣



アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、スパイダーマン、マイティ・ソー、ブラック・ウィドウ、キャプテン・マーベル…。マーベルユニバースの多くのヒーローは「アベンジャーズ」という名前でひとつに団結する。かれらの目標は悪人を破り、地球の平和を守ることだ。英雄を一つの舞台に引き込む世界観でもある。それぞれ「横糸」でのみ存在していたヒーローたちの個別の物語は、世界観という「縦糸」に出会って全シリーズの有機性を強化した。

ファンはアイアンマン、ソー、ハルクなどのコンテンツでつながりを見出す「N次観覧(数次観覧)」を続けた。この世界観戦略のおかげで、アベンジャーズシリーズは200億ドル(約23兆6000億ウォン)という天文学的な金を稼いだ。「ストーリーは一時的だが、世界観は永久的だ」というは命題がコンテンツ業界の真実に通じることになった。

Kポップの成功神話も「アベンジャーズ」と通じる。アイドルだけの世界観にカル群舞と中毒的なサウンドを重ね合わせ、既存のファンが経験したことのない新しい音楽を生み出した。世界観に陥ったファンはミュージックビデオの中の「トッパプ(本来は釣り餌のことだが、興味のあるトピックや状況を意味する俗語)」を解釈し、次のアルバムコンセプトを予測する。マーベル映画の終わりのクッキー映像を解析し、次のコンテンツを期待するアベンジャーズファンと似ている。大衆文化評論家のムン・ソンフン(筆名ミミョ)氏は、「音楽に叙事的な構造を構築することにより、リスナーの感想の幅を大幅に広げた」と分析した。

◆ 「世界観アイドル」時代開いたEXO

「世界観アイドル」の始まりはSMエンターテイメントのボーイバンドEXOだ。ファンタジー的要素を果敢に借用し、世界観アイドルの最初の章を開いた。グループ名は太陽系外惑星を意味するEXOプラネットから取ってきた。未知の世界から来た新しいスターという意味だ。記憶を失ったまま地球に落ちたEXOメンバーが超能力を取り戻し、敵を倒すストーリーが中心だ。

これを解釈するべき装置をミュージックビデオに配置すると、ファンはこれをもとに2次創作物を吐き出し始めた。コンサートの名前も世界観を連想させる「EXOプラネット」だ。一部のファンは「EXO学」が必要だと笑い話をするほどだ。

大衆音楽評論家のハン・ドンユン氏は、「世界観コンセプトの利点は、次のアルバムのコンセプトを期待させること」だとし、「特に韓国語が難しい外国人には、このような視覚的な要素にしたがって世界観を解釈する楽しみは大きい」と分析した。

◆ 「世界観アイドル」の全盛期、BTS

EXOが世界観アイドルの始まりであれば、防弾少年団(BTS)は世界観アイドルの最盛期を開いた主役だ。 BTSの世界観はそれぞれの痛みを持つ少年7人が一緒に生活の中で最も幸せな時代を過ごした後、広がっていく別れ話が中心だ。また会おうとしても運命は意地悪く、彼らの一人を死に導く。長兄のソクジンは偶然得られた時間旅行の能力で彼らだけの幸せな過去に戻るが、その瞬間ごとに新しい悲劇が訪れる。

ファンはミュージックビデオを何度も繰り返して見ながら、隠されたトッパプを探してさまよい、他のファンと自分の解釈を比較分析することもある。この世界観の構築でファンクラブ「アミ」は、世界で最も大きなファン層に成長した。 BTSが「21世紀のビートルズ」(英BBC)や「世界最大のボーイバンド」(英ガーディアン)と修飾され始めたのもこの時期だ。

BTSの世界観は多様なコンテンツ販売にもつながった。BIGHITエンターテインメントは今年1月、BTS世界観を扱ったウェブトゥーン「花樣年華 Pt.0」を発売したことに続き、3月には小説「花様年華The Notes 1」までを発売して旋風的な人気を集めた。グローバルファンは過去にリリースされたミュージックビデオを再学習(?)するなど、BTS世界観にいま一度夢中になって聞いた。

パン・シヒョクBIGHITエンターテインメント代表は8月の記者懇談会で、「BTS世界観を実現したドラマを披露する計画だ」とし、さまざまなコンテンツ制作の計画を発表した。

NU'ESTも欠かせない世界観アイドルだ。NU'ESTはデビューから「女王の騎士」というコンセプトを取った。女王を救うために5騎士が旅を繰り広げる話だ。デビュー後の不振でこの世界観は注目されなかったが、2017年エムネット「プロデュース101」への出演後、NU'ESTがトップバンドの一つとして浮上しつつ世界観もまた注目された。 21日にカムバックを控えたNU'ESTは、今回のアルバムでどのような壮大を継続するのかにファンの関心も高まっている。評論家のムン・ヨンミン氏は「EXONU'ESTがデビューした2012年は世界観戦略がまだ未熟な部分もあったが、最近になって実装方式が洗練され、ファンの評価が高まっている」とした。

◆ マーブル式無限の拡張も夢見ることができるか

アイドル世界観のもう一つの魅力は、その可能性にある。各グループが構築した世界観が一つに融合され、新たな叙事の可能性をほのめかされるからだ。 SMエンターテイメントが最近結成した「K-POPアベンジャーズ」のSuperMは、EXOとNCTの世界観の融合のためにファンの間で好奇心を増幅させている。

BTSの弟グループであるトゥモローバイトゥゲザー(TXT)も世界観の構築に成功した一歩を踏み出した。BIGHITエンターが最近公開したTXT 1集正規アルバムのトレーラー映像は、大きなクジラがメンバーたちと一緒にダンスを踊る場面が出てくるが、これはBTSの「Heartbeat」ミュージックビデオのクジラ映像と類似している。

音楽や振り付けとミュージックビデオ演出など、さまざまな部分での接続もうかがえる。 BTS世界観とTXT世界観が一つに拡張されるという解釈の余地が開かれたわけだ。このような世界観の共有は、BTSファンの好奇心をTXTに結びつける。世界最大のファンダムを誇るBTSのアミが、世界観とストーリーを共有するTXTの世界観に結びつくことは自然なことだからだ。

所属事務所内での融合を超えて、会社間の世界観の融合も期待できるだろうか。最近、マーベルユニバースを所有しているディズニーが21世紀フォックスを買収し、「デッドプール」と「X-MEN」がアベンジャーズに合流するのかに関心が集まるようにだ。
  • 毎日経済_カン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-10-18 19:14:18