Highlight、デビュー10周年記念で寄付 1016万ウォンの意味は?


グループHighlightがファンと一緒にデビュー10周年を意義深く記念した。

2009年にデビューして今年10周年を迎えたHighlightのメンバーは国際救護団体「飢餓対策」に1016万ウォンを寄付し、デビューの日である10月16日を祝った。

今回の寄付は黙々とそばで愛と応援を送ってくれるファン「Light」の名前で寄付したという点で特別だ。

所属事務所AROUND USエンターテイメントの関係者は「メンバー全員が兵役中に迎えることになった記念日であるだけに、素朴にでも記念したくてファンと分かち合う喜びを感じたいと考えたメンバーたちの気持ちがあった」とし「寒い冬を苦労して過ごす方のために後援金として使ってほしい」と伝えた。

飢餓対策の関係者は「グループHighlightとファンが2017年から海外と国内の脆弱階層児童のために後援を続けてきた。スターとファンが一緒に分かち合いをするための模範事例」とし、今回の後援金は疎外階層越冬キャンペーン「希望オン」に使用される予定だと発表した。

現在、Highlightはメンバー全員が軍服務中だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-10-21 15:32:09