ハン・ジミン&キム・ヒャンギ&ナム・ジュヒョク&キム・ダミが手形刻む


第40回青龍映画賞が授賞式に先立って前年度の受賞者たちと一緒にハンドプリンティング行事を進行した。

28日午後2時、CGV汝矣島で第40回青龍映画賞ハンドプリンティング行事が開かれた中で、第39回青龍映画賞を受賞したハン・ジミン、キム・ヒャンギ、ナム・ジュヒョク、キム・ダミがイベントに参加した。

昨年、映画『虐待の証明 / ミス・ペク』で主演女優賞を手にしたハン・ジミンは「栄光の瞬間を反芻することのできる場に参加でき意義深い」と所感を明らかにし、『神と共に - 罪と罰』で助演女優賞を受賞したキム・ヒャンギは「光栄で、気分がいい」とときめく心を表わした。

また、『安市城』で新人男優賞に輝いたナム・ジュヒョクは「1年という時間が本当に早く流れるんだと思うくらい、昨年あまりにも光栄な瞬間だった」と明らかにし、『魔女』で新人女優賞を受賞したキム・ダミは「私の人生において忘れられない賞」と回想した。

この日の行事は4人が歴代受賞者として歴史的な記録を残して過去1年の軌跡を振り返る時間を持つために企画された。現場でハンドプリンティングを行った4人の俳優は自分の手を上げて各自ポーズを取って受賞の瞬間を思い出した。

一方、第40回青龍映画賞は11月21日、仁川永宗島パラダイスシティで開催され、SBSで生中継される。韓国映画100周年であり青龍映画賞40回を迎える意味深い年なだけに、これを記念するために、より豊かで充実した行事を用意する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-10-28 15:19:13