FTISLANDチェ・ミンファン&ユルヒ、ジェユルくんの検査結果に満足


『家事する男たち シーズン2』が2週連続で視聴率8%を突破して水曜バラエティの王座を守っている。

30日に韓国で放送されたKBS2『家事する男たち シーズン2』の視聴率が首都圏基準8.9%、全国基準8.5%(ニールセンコリア)と2週連続で8%を突破して、水曜バラエティ番組および同時間帯の番組のなかで1位をキープした。

この日の放送では息子ジェユルくんの発達状態を確認したチェ・ミンファンとユルヒの様子が公開された。

ユルヒは言葉をよく聞き取って反応するジェユルくんの姿に「天才の血が流れているようだ」と感心した。これに対しミンファンは「言葉は遅い気がする」とジェユルくんの言語の発達が遅いのはないかと心配した。

ジェユルくんの成長が気になったミンファンは熱血育児の先輩パク・グァンヒョンに電話し、彼は「乳幼児の発達検診」を受けてみたらとアドバイスした。

翌日、小児科を訪れた2人は大きくなったジェユルくんの身長に満足にした。以降、ブロック積み、ソファーに這い上がるなど、ジェユルくんの活動と発育状況の詳細を確認した医師はジェユルくんが運動と認知発達の両方で優れていると賞賛し、男の子は平均的に言語発達が遅いから心配しなくてもいいという言葉で20人を安心させた。

ジェユルくんの体重が少ないことが気になったミンファンが「栄養のある食を食べさせたい」とズワイガニを買ってきてユルヒとジェユルくんのために料理をした。

ズワイガニを蒸している間、2人はユルヒがリビングの一方に作った勉強スペースでジェユルくんに本を読んであげた。続いて2人はジェユルくんの将来の職業についての会話を交わし、野球選手、医師、ビジネスマン、ピアニストになったジェユルくんの姿を想像しながら和気あいあいとした時間を過ごした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-10-31 08:32:39