「天気の子」韓国配給側が異例のコメント発表「日本映画だからと無視」


日本のアニメ映画『天気の子供』が韓国での興行に惨敗した中で、韓国で配給を引き受けた関係者が公開するまでの過程と、日本語の作品だからと無視されたことへの苦しい心境を伝えた。異例のケースだ。

4日、メディアキャッスルは「残念な時代の中で映画『天気の子』を公開するまで」というコメントを発表した。これは新海誠監督の新作『天気の子』の映画会社メディアキャッスルと配給会社ウォーターホール・カンパニーおよびマーケティング会社のホリー・ガーデン、ポディアムが一緒に発表した立場文だ。

関係者たちは立場文を介して「『天気の子』の公開前に社会的な雰囲気に対する苦悩を明らかにしたことを皮切りに、先週約束された公開を終えた」とし「来韓への反対にもかかわらず「韓国のファンたちとの約束を守りたい」と言っていた新海誠監督もその約束を守り、日程まで延長して自分の気持ちを直接観客に伝えた」とした。

続いて「最初の週末、約33万7000人の観客、監督の前作『君の名は。』比でマイナス70%の下落に加え、最終的な観客動員数の371万人、その半分の半分にも至らない困難な状況に直面した。ひたすら映画自体への不満、完成度についてのイシューだけでこの冷たい現実を迎えたのであれば最小限の慰めにはなるだろうが、過程を振り返って見たときそうではなかったし、この冷酷な結果で残すことができるものは何なのか悩んだ」と書いた。

それとともに「『天気の子』は競争作に比べて低い認知度により準備から苦難を経て、これは低い前売り率と低調な初週の実績につながった。これを打開しようと刻苦の努力をして一般観客と接点のある所とマーケティングコラボレーションを打診したがほとんど断られ、無視された。理由は簡単だった。日本語が登場する映画の予告編やその紹介を一般大衆に伝達される地上波メディアやそれに準ずる広告口座に掲載することができず、この時局に日本で作られたコンテンツと関わりたくないというものだった。監督がこの作品に込めたメッセージと彼の世界観、作品の完成度は言及される機会さえなかった」と悔しがった。

また「『天気の子』はまるで分別がつく前の子供だった頃、過ちも犯していないのに外見によりからかわれ、話し方でからかわれ、自分でさえも避けたかった対象、それ以上でもそれ以下でもなかった」とし「今の状況では本作で日本に渡る利益はない。すでに『天気の子』は日本を含む全世界で莫大な興行力を記録、国内での失敗が日本に与える被害もない。ただ、数十億の費用を投資した韓国の映画会社だけが今の状況を損失に入れておくことになった」と苦しい状況を訴えた。

続いて「今では分別のない質問だけが残った。この作品が出会ったすべての無視と、それによって影響を受けた失敗が公平なのか、私たちのような記録されない被害の対象が積み重なれば、すべては前に進むのかだ」とし「今、多くの日本のコンテンツへ投資した映画会社は待機している彼らの作品の前に弱い心ばかりを反芻している。個別の単位の失敗を口実に不買を取り消そうというのでもなく、そんな気持ちも力もないが、今私たちは私たちの行動の裏面で苦しむ普通の人々もしばし見つめるべきだと考えている。もちろん、その中に私たちの姿があることも認める」と告白した。

関係者は「新海監督は記者会見で『天気の子』が扱っている気候の変化は「大人の責任であり、これを若者と子供世代に伝えることは正しくない」と話した」とし、私たちは今の状況をどのような方法で次の世代に伝えるのか、心穏やかではない考えにより辛かった。検索ポータルに『天気の子』が見たいけど友人の顔色が気になって心配だという人の質問から、悪意を持ってこの映画を時局にのみ関連付けるすべてのコメントも辛かった。大きな損害を甘受しても一日の上映だけ可能だった特別館の上映もひたすら作品の観覧環境のために行った。前作が成功したからと今回の作品も成功しなければならないという強引さに陥らないために、さらに作品の本質を知ってもらおうした。しかし、本質を知らせたいその気持ちのほか、すべての機会は徹底的に私達を無視した」と強調した。

これと共に「私たちは失敗に終わったが、他の同様の作品にはもう偏見を持たないでほしいとお願いしたい。

韓国は文化を統制しようとする権力に傷つき、それを克服しようとする意志が熱い所」とし「文化を100%文化として見ることができない状況を認めながらも、その逆が100%偏見で排斥されることに同意するのは難しい。韓国から出発した作品と認められた監督がいつか他の国の環境により、その言語が韓国語だという理由で排斥されたら、私たちはそれを無視して許すことができるだろうか。すべての事の裏面にある普通の現実に対する苦悩たちにも関心がもたれることを再び希望する」と付け加えた。

「上映館はすべて消え、社運をかけて準備した費用は失敗し、この文も忘れられるだろうが、2019年に全世界で最も創造的な監督の一人の作品を発表したという自負心は長く過ぎても守られることだろう。その誇りに日本と日本語が関連していることに、やるせなさを感じるが、これも私たちが意図したものはないから自らの慰めは自ら探すために努力する」

一方、『天気の子』は都市に来た家出少年が天気を晴れにすることのできる少女と運命のように出会って繰り広げる美しくも神秘的な秘密の話だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2019-11-04 15:25:03