「ノクドゥ伝」19・20話 チャン・ドンユンとキム・ソヨンが切ないキス

「ノクドゥ伝」19・20話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

『ノクドゥ伝』でチャン・ドンユンとキム・ソヒョンが切ないキスでお互いの気持ちを確認した。

4日に韓国で放送されたKBS2TVの月火ドラマ『ノクドゥ伝』(演出キム・ドンフィ、カン・スヨン、脚本イム・イェジン、ペク・ソヨン)19・20話では、ノクドゥ(チャン・ドンユン)とドンジュ(キム・ソヒョン)が厳しい現実を乗り越え熱いキスでお互いの気持ちを確認した。ここにノクドゥが真実に一歩近づいて、ユルム(カン・テオ)により王の息子が生きているということを知った光海(クァンヘ、チョン・ジュノ)により宮殿内での波乱を予告した。

この日の放送では光海の本当の正体を知ったノクドゥの混乱が描かれた。ノクドゥが自分の息子であることを知らない光海は変わらずにノクドゥに接したが、彼と対面したノクドゥは複雑な心境を隠すことができなかった。すべての真実を知ったユルムも本格的に動き始めた。威嚇するユルムにノクドゥは謀反を告げると状況の打開を試みたが、彼と志を共にするファンテ(ソン・ゴニ)により、それすらもままならない状況。さらにドンジュまでノクドゥを傷つけたくない気持ちからユルムの別邸に居所を移した。再び離れ離れになったノクドゥとドンジュだったが、心だけはさらに近づいていた。

ホ・ユン(キム・テウ)は綾陽君(ヌンヤングン)の謀反を告げようとしたが、これを看破したユルムが一足早かった。ユルムから息子が生きていることを聞いた光海。大提学(ホ・ユン)から脅迫されたという嘘で光海を動揺させたユルムにより、ホ・ユンは監獄に閉じ込められた。ホ・ユンが新しい王を立てるために先王の教示を隠し、これまで欺いてきたと考えた光海の怒りはさらに高まった。ユルムに家族の安全という弱点をつかまれて、すべてのことを打ち明けられない状況でホ・ユンは沈痛な気持ちを隠すことができなかった。

ノクドゥは光海がチョン・ユンジョ(イ・スンジュン)を捕まえたり殺してでも隠そうとしている事実があることを知ることになり、真実に一歩ずつ近づいた。ドンジュも毎晩、王が潜行していることを知って妓房に潜入したが、なかなかチャンスをつかむことができなかった。復讐することを決意したドンジュは妓房で会ったパク旦那(チャ・レヒョン)一味に追われて井戸に落ちてしまった。雨が降り、どんどん水位が上がる危機の中、ドンジュを救ったのはノクドゥだった。意識を取り戻してノクドゥを見たドンジュは「好き。あなたが好きで死にそう」と隠してきた気持ちを告白した。お互いの気持ちを確認した2人は、今まで隠してきた感情を交わすキスのエンディングで切なさを高めた。

ついにドンジュがノクドゥを思う気持ちを告白した。復讐のために生きてきたから、自分の気持ちを揺さぶるノクドゥの感情を無視するしかなかったドンジュ。しかし「あなたのせいで生きたくなった」というドンジュの言葉は、もはや隠すことができない気持ちを打ち明ける切ない告白だった。現実と真実の中で葛藤するドンジュに向かって「これから僕らがどうなろうと、今こうして生きている。だからただ心のままに好きでいよう」と伝えたノクドゥの心は慰めと一緒に2人の運命を予感させた。お互いの気持ちを確認したノクドゥとドンジュだが、まだ2人には明らかにされていない秘密が残っている。果たしてノクドゥとドンジュが予測不可能な危機の中で、愛を守ることができるのかが注目される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-11-05 09:27:09