ジュンスの10年ぶり地上波番組出演、ジェジュンもお祝い


歌手キム・ジュンスが10年ぶりの地上波放送復帰への所感を明らかにした。

キム・ジュンスは去る6日、インスタグラムに「ありがとうございます」というコメントを載せた。

この日、MBCはキム・ジュンスが新しい教養パイロット番組『共有の家』に出演するとしながら、5日にキム・ジュンスの家で事前撮影を終えたと明らかにした。キム・ジェジュンは7日、SNSに地上波復帰を知らせる記事をシェアして「僕らのジュンス、ついに進出!おめでとう」と祝った。

キム・ジュンスは去る2009年、元東方神起のメンバーキム・ジェジュン、パク・ユチョンと一緒にSMエンターテイメントを離れた後、数回の法廷攻防を経た。

キム・ジュンスはその後10年間、バラエティ、教養、音楽などのジャンルを問わず、地上波番組には姿を現さなかった。

キム・ジュンスの復帰が知られるとファンたちは「10年ぶりの復帰、応援する」、 「おめでとう」、 「これからもたくさん会おう」、 「久しぶりにテレビで見られるなんて」などの応援を送った。

一方、キム・ジュンスが出演する『共有の家』はスターたちが1泊2日を一緒に過ごし自分のものを共有することで最近話題になっている「共有経済」について感じてみる番組だ。時事番組『あなたが信じていたフェイク』を演出したファン・スンギュPDが演出を引き受けて、『無限に挑戦』で長く呼吸を合わせてきたパク・ミョンスとノ・ホンチョルがMCを務める。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2019-11-07 09:20:07