YG元代表のヤン・ヒョンソクに脅迫容疑が追加


YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク元代表がグループiKONの元メンバーB.I(キム・ハンビン)の麻薬購入疑惑を提起した情報提供者を脅迫した疑いで立件された。

京畿南部地方警察庁広域捜査隊は6日、ヤン・ヒョンソクを脅迫などの疑いで最近正式に立件したと明らかにした。

ヤン・ヒョンソクは2016年8月、B.Iの知人Aさんが麻薬容疑で逮捕されて警察の捜査を受けた当時、B.Iの麻薬購入容疑を提起したAさんを懐柔、脅迫して供述を覆させた疑いを受ける。

ヤン・ヒョンソクはAさんに弁護士費用を提供し、Aさんが所属歌手ではないにも関わらず会社のお金でその費用を支給した業務上背任の疑いも受けている。またAさんに供述を覆させることにより、B.Iに対する警察の捜査をもみ消して犯人逃避を教唆した疑いも受けている。

これと関連し警察関係者は「ヤン・ヒョンソク元代表側と日程を調整して近いうちに呼び出して取り調べを行う」と発表した。

また「Aさんが提起した疑惑に対して徹底的に捜査して疑問が残らないようにしたい」と明らかにした。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者 / 写真=オク・ヨンファ
  • 入力 2019-11-07 05:01:01