IZ*ONEの映画「EYES ON ME : The Movie」の公開見送り


『PRODUCE X 101』の不正問題により直撃を受けたグループIZ*ONEのカムバック日程が暫定的に中断された中で、コンサートの映像をおさめた映画の公開も暫定延期された。

『EYES ON ME : The Movie』配給会社側は8日午後、公式報道資料を通じて「映画『EYES ON ME : The Movie』は、グループ「IZ*ONE」のコンサートを記録した映画で、来る15日に公開予定だったが、やむを得ず公開が暫定延期された」と告知した。

続いて「『EYES ON ME : The Movie』の公開を待ってくださったファンの皆さんと観客の皆さんに突然の公開暫定延期の知らせを伝えることになり、謝罪申し上げる」と付け加え了解を求めた。

日本での公開も見送られた。

8日、日本の東宝ビジュアルエンターテイメントは公式ツイッターを通じて『EYES ON ME : The Movie』の日本公開が見送られたと発表した。

東宝は「11月15日公開予定だったIZ*ONEの『EYES ON ME : The Movie』の公開を見送ることを決定した」とし「多くの諸般事情を考慮して、関係機関との協議の末に決定したものだ。突然、公開見送りを知らせて大変申し訳ない」と明らかにした。

先立ってCJ ENMのアン・ジュンヨンPDは6日、警察の捜査で『PRODUCE 48』と『PRODUCE X 101』の投票結果の不正改ざんを認めながらIZ*ONEは事実上活動休止に突入した状態だ。

11日のカムバックショーケースの開催中止を皮切りに、すでに収録を終えた『アイドルルーム』『マイ・リトル・テレビジョンV2』『驚きの土曜日 - ドレミマーケット』などで編集でカットされたり、放送が延期された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-11-08 20:57:00