S.E.Sシュー、日本ソロデビューを延期


海外での常習賭博で物議をかもしたS.E.S.出身のシュー(本名ユ・スヨン、38)が日本でのソロデビューを延期した。

12日、SPOTVNEWSは「シューが11月末に予定していた日本ソロデビューを電撃延期した。活動再開の時期も不透明になった」と報道した。

先立ってこのメディアはシューが来る27日、日本で初のソロ曲「I FOUND LOVE」を発表して活動に乗り出すと報じていた。

アルバム発表2日前の25日には東京吉祥寺のクラブでソロデビュー公演を開いてファンたちと直接会ったりもすると伝えていた。

シューが予定通り日本で活動を再開した場合、昨年8月に常習賭博疑惑が取りざたされてから約1年3カ月ぶりの活動だった。しかし活動再開の報道に「時期尚早」との批判が浮上すると、日程を延期したものとみられる。

シューは2016年8月から2018年5月まで、マカオなどで約7億9000万ウォン規模の賭博を常習的に行った疑いで裁判にかけられた。去る2月、ソウル東部地裁刑事11単独はシューに懲役6カ月、執行猶予2年、社会奉仕80時間を命じた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2019-11-12 10:07:22