少女時代ソヒョン、JTBCドラマに出演 1年ぶり


少女時代ソヒョンが1年ぶりにドラマに復帰する。

ソヒョンはJTBCドラマフェスタ『アンニョン、ドラキュラ』への出演を確定し、台本リーディングまで終えた状態だ。

昨年9月に終了したドラマ『時間』の後、休息していたソヒョンは今年3月にNAMOOアクターズに移籍しての俳優人生2幕を予告した。

一方、「ドラマフェスタ」はJTBCの短編ドラマで、2部作で編成された『アンニョン、ドラキュラ』は2020年上半期に韓国で放送予定だ。

2007年ガールグループ少女時代として芸能界にデビューしたソヒョンは、2013年のドラマ『熱愛』で俳優活動を開始した。以後、『麗 ~花萌ゆる8人の皇子たち~』をはじめ、『恋する泥棒~あなたのハート、盗みます』など、ジャンルとキャラクターに限界を置かず誠実に演技活動を続けてきた。特に昨年放送されたドラマ『時間』では芯のある熱演を繰り広げて俳優としても可能性が大きいという好評を受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-11-12 13:47:41