パク・ボヨン、ファンに活動休止を宣言「治療のため再整備」


女優パク・ボヨンが活動を休むと告げた。

パク・ボヨンは12日、Vライブを通じて近況を公開した。パク・ボヨンは「腕が痛い状態」とし「昔、怪我をしたが治療できずにいた。ようやく治療することになった。本当はギブスをしなくてはいけないが、(今日は)はずした。 6カ月ほどギブスをしなくてはいけないとうい。外でギブスをしている私を見かけることもあるはず」と告白した。

パク・ボヨンはファンに「病気や怪我なく常に健康でいてほしい」と伝えた。パク・ポヨンは「健康のために休む。私が調整できる部分ではない。良くない知らせになるが休む」とし、「健康になれば活動をたくさんする。思い通りにはいかない。おそらく長い時間がかかるかと思う。だから悲しい」と打ち明けた。

パク・ボヨンは「私の状況をすべて申し上げることはできない」とし「状況がうまくいかない時がある。あまり叱咤しないでほしい」と呼びかけた。

パク・ボヨンは「健康でなければならない。皆さんは常に健康でいて欲しい」とし「再整備に時間がかかる。また連絡する。いつになるかわからないが、難しいかもしれないが、しっかりと克服して勇気を出して再びVアプリをONにする。また会いたい」と付け加えた。

一方、パク・ボヨンは6月に終了したtvNドラマ『アビス』に出演していた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-11-13 11:27:49