BTSの事務所が詐欺事件にコメント「偽造契約書、法的に対応」


Big Hitエンターテインメントが所属グループ防弾少年団(BTS)の海外公演を詐称した詐欺事件に対する強力な対応を示唆した。

Big Hitエンターテインメントの関係者は14日、毎日経済スタートゥデイに詐称詐欺と関連した公式立場を伝えた。この関係者は「(報道に登場した契約書フォームは)内部様式ではない。偽造契約書と偽造公文書」と明らかにし、「当該の契約は締結していない」と明らかにした。

関係者は引き続き「犯罪行為と実質的被害の発生を確認した場合、法的措置を取っている」と付け加えた。

この日の午前、ザ・ファクトは防弾少年団の海外公演開催を詐称して数十億ウォン台の投資を騙し取った詐欺事件を報道した。韓国の某芸能関係者が防弾少年団の人気を利用して海外公演があると騙し、この過程で50億ウォンの被害が発生したというもの。

報道によると、その投資には韓国の中小規模の企画会社が多数参加したが、最終的に投資金を失った。特に有名俳優Aさんも関与したことが知られ波紋が予想される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-11-14 13:58:46