ユン・ゲサン&ハ・ジウォン主演ドラマ「チョコレート」4次ティーザー映像公開


『チョコレート』でユン・ゲサンとハ・ジウォンが切ないときめきから濃い感性までを表現してロマンスの誕生を期待させる。

『私の国』の後続として来る11月29日に韓国で初放送されるJTBCの新しい金土ドラマ『チョコレート』(演出イ・ヒョンミン、脚本イ・ギョンヒ)側が18日、深い余韻を残すユン・ゲサン、ハ・ジウォンの4次ティーザー映像を公開した。

『チョコレート』はメスのように冷たい脳神経外科医イ・ガン(ユン・ゲサン)と料理で人の心を慰める火のように暖かいシェフムン・チャヨン(ハ・ジウォン)がホスピス病棟で再会した後、料理を通じてお互いの傷を癒すヒューマンロマンスドラマを描く。2004年『ごめん、愛してる』でシンドロームを巻き起こしたイ・ヒョンミン監督とイ・ギョンヒ作家の再会は、それ自体でドラマファンをときめかせる。

ここにユン・ゲサンとハ・ジウォンというラインナップまで加わり、まさにドリームチームが完成した。人間への深みのある洞察と温かい視線で描かれれるストーリーに2人の俳優の感性シナジーが加わり、差別化されたヒューマンロマンスの誕生を期待させる。

ギリシャの美しい風景で始まる4次ティーザー映像はときめきと哀愁を行き来して『チョコレート』だけの感性に満ちている。同じ空間にいるが届くようにですれ違うイ・ガンとムン・チャヨン。「気持ちを変えることはできないのですか?」というイ・ガンの質問に「どんどんときめくんです。私が」というムン・チャヨンの答えは穏やかな水面に広がる波紋のように遠く広がっていく。海を見つめるムン・チャヨンの後ろ姿を追いかけるイ・ガン。同じところに向かいながらもすれ違う視線は、2人のストーリーへの関心を集める。

続くシーンの中で、イ・ガンやムン・チャヨンの変わった雰囲気も視線を集める。イ・ガンやムン・チャヨンは降り注ぐ雨に濡れている。「もう二度と会わないようにしましょう」という言葉と一緒に流れるイ・ガンの大粒の涙が心を揺さぶる。とめどなく涙を流すムン・チャヨンの姿も切ない。

そして続く予期せぬ事故現場と、最終的にお互いに見つめあうイ・ガンとムン・チャヨンの視線は2人が描く出会いと別れ、慰めの瞬間を期待させる。

ユン・ゲサンとハ・ジウォンの演技は相乗効果を期待させる。メスのように冷たいが、暖かい内面を隠し持つ脳神経外科医イ・ガンに扮するユン・ゲサンと無限の肯定的なエネルギーを装着したホットなシェフ、ムン・チャヨンへと演技変身するハ・ジウォン。徐々に距離を縮めながら、お互いの温度に染まるイ・ガンとムン・チャヨンを繊細に描き出して感性ヒューマンロマンスの真髄を披露する。

一方、JTBCの新しい金土ドラマ『チョコレート』は『私の国』の後続として来る11月29日(金)夜10時50分に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-11-18 13:56:25