SMエンタ、世界規模の慈善公演をソウルに誘致 イ・スマンが総監督に


SMエンターテイメント(以下SM)がイ・スマンプロデューサーと一緒に21世紀版ライブエイドと呼ばれる歴史上最大規模の慈善公演「グローバル・ゴール・ライブ:ザ・ポッシブル・ドリーム(Global Goal Live:The Possible Dream)」をソウルに誘致した。

ソウル公演総監督であるイ・スマンプロデューサー、SMキム・ヨンミン総括社長、今回の公演を主催する「グローバル・シチズン」のサイモン・モス(Simon Moss)Co-Founder、マッジ・トーマス(Madge Thomas)Global Policy&Government Affairs、ソウル公演を運営するドリーム・メーカーのキム・ソンハク代表などは19日(米国現地時間)、米国ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)で会って「グローバル・ゴール・ライブ:ザ・ポッシブル・ドリーム」のアジア大陸を代表する開催地として韓国ソウルを確定したと発表した。公演日は来年9月26日だ。

「グローバル・ゴール・ライブ:ザ・ポッシブル・ドリーム」は2030年までに全世界の193の国連加盟国の指導者と政府、慈善家、民間団体などと力を合わせて貧しい国のために資金を調達する、「グローバル・シチズン」が特別に企画した地球最大規模のチャリティー公演であり、「グローバル・シチズン」は2009年から現在までの10年間、各国や企業から56兆6000億ウォン(484億ドル)相当の寄付などの後援を受け、全世界の8億8000万人を助けてきた。

特に「グローバル・ゴール・ライブ:ザ・ポッシブル・ドリーム」が音楽とキャンペーン運動を結合して飢餓、不平等、環境汚染などの問題についての共感帯形成と認識の変化を促すために開催される意味のあるグローバルチャリティー公演であるだけに、歴史上最大規模の北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど全世界5大陸で同時に開かれる世界最大の音楽祭として企画され、10時間にわたって全世界に生中継される予定だ。

加えて「グローバル・ゴール・ライブ:ザ・ポッシブル・ドリーム」のソウル公演総監督を引き受けたイ・スマンプロデューサーは世界を変化させることができる音楽の力を伝えることができるよう、意義のある公演を完成させる計画だ。

また、5大陸のうち米国ニューヨークのセントラルパーク、アフリカのナイジェリア・ラゴスが公演の開催地として発表されたのに続き、韓国ソウルが追加で公開され、コールドプレイ(Coldplay)、メタリカ(Metallica)、ミューズ(Muse)、アッシャー(Usher) 、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)、エクソ(EXO)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)、BoA、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、SuperM(スーパーエム)など、世界的なスターたちがヘッドライナーとして発表され、ファンたちの熱い関心が続いている。

イ・スマンプロデューサーは「地球村最大規模の慈善公演をアジア大陸を代表して韓国のソウルに誘致することができて嬉しい。公演総監督としてはアジアはもちろん全世界の参加アーティストたちと観客、視聴者の方々が一つになって、全世界が直面している問題について一緒に悩んで、お互いのために分かち合いを実践する、意味のある公演にしたい。多くの関心と声援をお願いしたい」と所感を伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-11-20 10:56:03