キム・テウォン「発達障害の息子に常に申し訳ない、私費でキャンプ開催」


「復活」のキム・テウォンが発達障害を持つ息子に対する切ない気持ちを伝えた。

20日午後に韓国で放送されたTV CHOSUNの教養番組『人生ドキュメンタリーマイウェイ』にはバンド復活のリーダーでありギタリストであるキム・テウォンの紆余曲折の多い人生史が描かれた。

この日、キム・テウォンは発達障害者の息子と一緒にキャンプに参加した中で「子供が叫ぶのを止めてばかりいた。何も知らなかった」と「バスで大声を出したら、おじいさんが「子供だから泣くものだ」と怒った。そのシーンが記憶に残っている」と振り返った。

続いて「囲いを無限に大きくめぐらせておく、それが親の心のようだ」と付け加え、息子の状況や感情を理解するために着実に努力していることを告白した。

息子に対して常に申し訳なく思っているという彼は私費を投じて発達障害の子供を持つ親のキャンプを開いていると明らかにした。

妻のイ・ヒョンジュは「最近言葉を使い始めた。子供と一緒に移動するのが大変だった。飛行機に乗る数カ月前からストレスがあまりにもひどかった。眠ることも難しかった。瞬間的に叫んだりし、それほどに緊張をたくさんした。今は一人でトイレにも行けるので少し楽になった」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-11-21 09:14:17