EXO、故ク・ハラさんの悲報にスケジュール調整


グループEXOが故ク・ハラさんの悲報を受けてスケジュールを調整した。

EXOの所属事務所SMエンターテイメントは24日、公式SNSを通じて「切ない悲報により予定されていたEXO6thアルバムのティーザースケジュールを調整することになった」と明らかにした。

続いて「今後、再告知する予定なので、たくさんお待ちになったファンの皆さんのご了承をお願いしたい」とし「深い哀悼の意を表し、ご冥福を祈ります」と伝えた。

一方、ク・ハラさんは24日午後6時09分頃、自宅で遺体で発見された。

警察は外部からの侵入など、他殺の痕跡が発見されていない点を考慮して、ク・ハラが自ら命を絶った可能性が高いとみて捜査していると伝えられた。

ク・ハラさん側は悲報が伝えられた後、公式立場を通じて「あまりにも悲しく切ない知らせを伝えることになった」と悲しみを表現した。続いて「現在、ク・ハラさんの遺族や知人たちの心理的な衝撃と不安感が大きい。メディア関係者の方々とファンの方々の弔問を含めデマや推測性報道を自制して下さるよう切にお願いする」と呼びかけた。

警察によると、ク・ハラさんは、この日の午後6時頃、ソウル市江南区清潭洞の自宅で遺体で発見された。

死因は正確には公開されていない。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-11-25 07:36:53