VIBE、Block B パクキョンに法的対応「謝罪なかった」


歌手VIBE側がBlock Bのパクキョンの買占め発言と関連して法的対応を示唆した。

25日午前、VIBEの所属事務所であるMAJOR9は公式立場として「24日、所属アーティストVIBEの実名を挙げて悪意のある発言をした某歌手に対する公式立場を伝える」とし、「当社は会社を通じて謝罪できる十分な時間を与えたにもかかわらず、該当の歌手から心からの謝罪を受けておらず、これに既成事実化されてしまった、その物議を正すために今後、法的手続きに基づいて強硬対応する」と明らかにした。

続いて「当社のアーティストは消すことのできない重大な名誉毀損と精神的苦痛を受けており、事実関係を確認せずに「違うならそれまで」と噂を広めたことに対して深い遺憾を表する」と伝えた。

また「当社は発言直後、オンライン上で続く所属アーティストへの悪意のある誹謗、確認されていない虚偽事実の流布等についても資料を収集しており、法的対応の対象となる場合は、いかなる善処も和解もせずに強力に法的措置をとる」と強調した。

先立って、パクキョンは前日、自分のSNSに「VIBEのように、ソン・ハイェのように、イム・ジェヒョンのように、チョン・サングンのように、チャンドクチョルのように、ファン・インウクのように買占めをしてみたい」というコメントを書き込んで波紋が広がった。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者
  • 入力 2019-11-25 07:48:19