パク・ミニョンが故ク・ハラさんを追悼「最後を見送れなくてごめん」


パク・ミニョンがKARA出身の歌手、故ク・ハラさん(28)を追悼した。

25日、パク・ミニョンは自分のインスタグラムに「最後の行く道を見送れなくて、ごめん。いつもかわいいハラとして記憶するよ。気をつけて」というコメントと共に写真を掲載した。

パク・ミニョンとク・ハラさんは2011年、SBSドラマ『シティーハンター in Seoul』に一緒に出演した。ク・ハラさんは大統領の娘チェ・ダヘ役を、パク・ミニョンはチェ・ダヘの用心棒キム・ナナ役を引き受けて呼吸を合わせた。

公開された写真は2人がドラマ撮影当時に撮影したものと思われる。

パク・ミニョンは海外日程のためシンガポールに滞在していることが分かった。現在、投稿は削除された状態だ。

ク・ハラさんは24日午後6時09分頃、自宅で遺体で発見された。警察は外部からの侵入など他殺の痕跡が発見されていない点を考慮してク・ハラが自ら命を絶った可能性が高いと見て捜査している。

ク・ハラさん側は悲報が伝えられた後「あまりにも悲しく切ない知らせを伝えることになった」とし「現在、ク・ハラさんの遺族や知人たちの心理的な衝撃と不安が大きい。メディア関係者の方々とファンの方々の弔問を含めデマや推測性報道を自制して下さるよう切にお願いする」と呼びかけた。

一方、ク・ハラさんは2008年、グループKARAの新しいメンバーとして合流して芸能界にデビューした。『Pretty Girl』、『Lupin』、『ミスター』など多数のヒット曲で日本でも大きな愛を受けて韓流を代表するガールグループとなった。ク・ハラさんはドラマやバラエティ番組にも出演しており、グループ解散後には韓国と日本を行き来しながら活動した。

ク・ハラさん側は深い悲しみから余裕がない中でも、ファンの弔問を受ける。ク・ハラさん側は25日「多くの方々に悲報を伝えることになり、悲痛な心が大きい」とし「遺族の方々の意に沿って、葬儀を静かに執り行うことを望んでいるため別の弔問場所を用意した」と明らかにした。

ク・ハラさん側によると江南聖母病院葬儀場1号室にて25日午後3時から27日の夜12時(深夜)までファンやメディア関係者の弔問が可能だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ジェウン インターン記者 / 写真 パク・ミニョンSNS
  • 入力 2019-11-25 10:37:06