BTSジミンの騒動から1年…日本の放送に出演


グループ防弾少年団がメンバージミンの「光復節Tシャツ物議」以来、1年ぶりに日本の放送に出演すると報道された。

去る25日、THE FACTは防弾少年団がこの日午前、日本の東京にある放送局フジテレビで『FNS歌謡祭』の収録を進行したと報道した。防弾少年団は12月初めに生放送で進行される『FNS歌謡祭』に出演予定を合わせることができず、この日に収録を行ったと伝えられた。

これと関連して防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテイメント側は毎日経済スタートゥデイに「公式スケジュールは確定後に公開している」との立場を明らかにした。

防弾少年団の日本放送出演はメンバージミンの「光復節Tシャツ物議」以来、約1年ぶりという点で関心を集めている。

2018年末、日本の放送局はジミンが2017年のワールドツアー当時に着ていたTシャツを問題視して『紅白歌合戦』、『ミュージックステーション・スーパーライブ』などの放送出演を見送ったり、取り消している。

一方、防弾少年団は去る24日(現地時間)、米国ロサンゼルスのマイクロソフト・シアター(Microsoft Theater)で開かれた「2019アメリカン・ミュージック・アワード」(AMAs)で「ポップ/ロック(Pop / Rock)ジャンル・フェイバリット・デュオ/グループ(Favorite Duo / Group)」、「ツアー・オブ・ザ・イヤー(Tour of the Year)」、「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト(Favorite Social Artist)」の受賞者に呼称され3冠王に輝いた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-11-26 14:24:43