ハン・ソヒ、故ク・ハラさんの最後のメッセージ公開「夢に出てきて」


歌手練習生出身のハン・ソヒが故ク・ハラさんと交わした最後のメッセージを公開した。

ハン・ソヒは29日、インスタグラムに「入棺するときにオンニ(お姉さん)と手を握って話したけど、私が何の話をしたのか分かるでしょう?その約束絶対に守ってね。夢に出てこなかったら本当に怒るからね。必ず出てきて。言いたいことがものすごく多いから私。ハラ愛してる、永遠に愛してる」というコメントと共に写真を掲載した。

写真にはハン・ソヒが故ク・ハラさんと交わしたメッセージのやり取りがキャプチャされている。ク・ハラさんは「会いたい。泣きたいし話をしたい」とハン・ソヒに苦しい心境を吐露している。

特にメッセージ画面の上部には故ク・ハラさんが一週間以内に最後にアクセスしたという内容が書かれておりさらに切ない。

故ク・ハラさんは24日午後6時頃、ソウル市江南区清潭洞の自宅で遺体となって発見された。警察は遺族の証言と現場の状況を総合して犯罪と疑われる点がないと判断し、司法解剖を行わないことにした。故ク・ハラさんの出棺は27日に非公開で行われた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=ハン・ソヒSNS
  • 入力 2019-11-29 08:57:33