「集団性暴行」チョン・ジュニョンに懲役6年、チェ・ジョンフンに懲役5年の判決


集団性暴行の罪に問われているチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンに、それぞれ懲役6年と5年が言い渡された。

29日午前、ソウル市瑞草区にあるソウル中央地方法院(地裁)刑事合意29部(カン・ソンス部長判事)の審理で性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反容疑などで起訴されたチョン・ジュニョン、チェ・ジョンフン、ガールグループメンバーの兄、バーニングサンMD、芸能企画会社元従業員など5人の宣告公判が行われた。

この日、裁判部はチョン・ジュニョンに懲役6年を宣告し、チェ・ジョンフンには懲役5年を宣告した。

チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンなど5人はいわゆる「チョン・ジュニョンのグループチャット」のメンバーたちと一緒に2016年1月に江原道の洪川(ホンチョン)と、その年の3月に大邱(テグ)で女性を泥酔させて集団で性暴行を加えた疑いを受けている。

これにソウル中央地検は去る5月、チェ・ジョンフンなどに対して逮捕状を請求し、裁判所はチェ・ジョンフンとガールグループメンバーの兄の令状を発行した。

その月の16日、ソウル地方警察庁女性青少年課は拘束状態のチェ・ジョンフンを起訴意見で検察に送致して拘束状態で起訴された。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者 / 写真=オク・ヨンファ、チョン・ジョンファン記者
  • 入力 2019-11-29 11:57:14