パク・ヘイル、SWMPと専属契約「惜しみなく支援」


俳優パク・ヘイルがSWMPと専属契約を締結した。

SWMPは4日、公式報道資料を通じて「俳優パク・ヘイルと専属契約を締結した」と明らかにした。

俳優パク・ヘイルは最近、イム・サンス監督の次期作映画『幸せの国へ』の撮影を終えた。チェ・ミンシクとパク・ヘイルのスクリーンでの最初の出会いが実現された『幸せの国へ』は2人の火花散るシナジーとケミで観客の期待をさらに集めている作品だ。

パク・ヘイルは演劇で積んだ演技力を基盤に、『ワイキキ・ブラザーズ』での子役デビュー後、『嫉妬は私の力』や『菊花の香り~世界でいちばん愛されたひと~』で主演の座を獲得して注目される新人となった。やがて謎めいた雰囲気で視線を集めた映画『殺人の追憶』で観客に印象を残したパク・ヘイルは『恋愛の目的』、『グエムル-漢江の怪物-』、『ウンギョ 青い蜜』、『天命の城』など幅広いスペクトルでフィルモグラフィーを積み上げて大韓民国を代表する演技派俳優としての地位を守っている。

SWMPは「パク・ヘイルさんと一緒に同行できて非常にうれしい。パク・ヘイルはパク・ヘイルという名前だけで大衆に好感を与えるだけに、彼だけの個性と魅力を持った特色のある俳優だ。今後、安定した環境で、より良い作品で大衆と会うことができるよう惜しみなく支援する予定だ。今後の活躍に多くの関心と愛情をお願いしたい」と明らかにした。

一方、SWMPにはピョン・ヒボン、アン・シヌ、ファン・ムヨン、ソン・スヒョン、イ・ジュビン、パク・ジヨン、ハン・イス、チョン・ヘウォン、チョ・アヨン、ソン・ウンホ、ピョン・ソンボムが所属している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-12-04 14:13:56