SM所属ユン・ソホ、23日から社会服務要員として兵役スタート


ミュージカル俳優ユン・ソホが12月23日、社会服務要員として入所する。

ユン・ソホの所属事務所SM C&Cは6日、毎日経済スタートゥデイに「ユン・ソホ俳優は2019年12月23日(月)先服務制度に基づいて代替服務を開始する。訓練所はその後に入所予定で、勤務先は公開できない」と明らかにした。

ユン・ソホは2011年ミュージカル『スリル・ミー』を通じてデビューした。

以来、様々な演劇やミュージカル作品で活躍しており、2016年「第10回 大邱国際ミュージカルフェスティバル」で男性新人賞を受賞した。

2017年、JTBCの四重唱プロジェクト選抜オーディション『ファントムシンガー』に出演して魅力的な音色と歌唱力で好評を得た。

ユン・ソホは現在ミュージカル『ファンレター』に出演中だ。来る18日から20日までの3日間、ソウル市龍山区現代カードアンダーステージで開かれる「キム・スロ Curated 14 ユン・ソホ単独コンサートSOHO」に出演する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-12-06 12:02:27