CNBLUEジョン・ヨンファ、除隊後初の単独コンサートにファン熱狂


歌手ジョン・ヨンファが除隊後初のコンサートを熱く愉快に終えた。

ジョン・ヨンファは、7日と8日の両日、ソウル市城北区高麗大学ファジョン体育館で単独コンサート「2019 JUNG YONG HWA LIVE「STILL 622」IN SEOUL」を開いて、8000人以上のファンと会った。

今回の公演は「STILL 622」という公演名のように軍服務期間中、変わらずにジョン・ヨンファを待ってくれたファンとの熱い再会の場だった。

「元気だった」という文字とともに幕を上げた公演でジョン・ヨンファは「Can not Stop」「元気玉」などファンたちの愛を受けた曲を熱唱した。

ジョン・ヨンファは敬礼とともに「軍服務を終えて凛々しく戻ってきた満期転役者のジョン・ヨンファです」と気の利いた挨拶でスタートから笑いを誘った。

今回の公演はジョン・ヨンファの除隊後初の公演で、過去と現在を網羅する舞台を披露した。ジョン・ヨンファは子供の頃の写真をファンと一緒に鑑賞して振り返ったり、27歳の時に作曲した「27 years」を即席で「31 years」に変えて歌って会場を笑いと感動で染めた。

また、ジョン・ヨンファはデビュー初期に出演したMBCのバラエティ番組『私たち結婚しました2』で人気を集めた「初めて愛する恋人たちのために(タメ口ソング)」とMBCドラマ『オレのこと好きでしょ。』のOSTなど、普及の愛を受けたヒット曲を久しぶりに披露した。ファンは嬉しさに合唱と歓声で応え、会場の雰囲気を盛り上げた。これにジョン・ヨンファは「久しぶりに皆さんの笑顔を見れて幸せです。これからもっと幸せにして差し上げます。自信があります」と嬉しい気持ちを伝えた。

ジョン・ヨンファは「Navigation」「Life is a party」「Jellyfish」「Closer」などで合間にダンサーとの振付を加え、ボーカルにラップまで消化して乗り乗りな舞台を披露した。

約1年9カ月ぶりの公演を愉快に披露して、色あせないユーモアのセンスでステージとステージを自然に繋ぎ、今後、彼が繰り広げる新しい未来を期待させた。

公演末尾、ジョン・ヨンファは「公演会場で皆さんを迎えることができるか心配でした。このように待っていただきありがとうございます」という言葉と一緒に「昨日も今日も皆さんに毎回受けてばかりのようです​​。これからは皆さんにプレゼントする日ばかりの予定なので、少しだけ待ってください。これから新たなスタートだと思って皆さんを幸せにするよう心から約束します」と所感を伝えた。

韓国での単独コンサートを成功的に終えたジョン・ヨンファは24~25日に神奈川、25日に兵庫で日本ファンミーティングを開催する。続いて2020年には1月25日にバンコク、2月8日に台北、3月6日にマニラなどで「STILL 622」ツアーを続け、グローバルファンたちと会う計画だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-12-09 08:51:30