I.O.Iデビュー組も出来レースだったのか? Mnetはコメントせず


Mnetのアイドルサバイバル番組『PRODUCE 101』シーズン1を介して誕生したグループI.O.Iにも順位の不正改ざんによりデビューしたメンバーがいるという疑惑が提起された中で、Mnet側は明らかにするコメントはないと伝えた。

13日、メディアトゥデイは『PRODUCE 101』のアン・ジュンヨンPDの検察不起訴意見書をもとに「2016年4月頃『PRODUCE 101』シーズン1の制作陣が投票の得票数を不正に改ざんして不合格となった練習生の一人をデビュー組に入れた」と報道した。

報道によると検察は『PRODUCE 101』シーズン1の最後の生放送で実際の投票結果の集計とは異なり、AとBの順位を変更して、最終的にデビュー組順位圏の外にいたBがI.O.Iのメンバーになったと判断した。

ただし、検察はアン・ジュンヨンPDが当時、生放送の中継者として放送の送出業務を行っていたことから、集計結果を改ざんした事実はないと主張したことを受け入れ、この内容をアン・ジュンヨンPDの公訴状から除外した。

当時、投票結果の集計は番組を統括管理した別のCPが担当していたと伝えられた。

これと関連してMnetの関係者は毎日経済スタートゥデイに 「アン・ジュンヨンPDの不起訴意見書を確認できず内容を知らない。該当のCPについても別途に明らかにできるコメントはない」と明らかにした。

一方、検察が去る5日、国会に提出した公訴状によると2016年に終了した『PRODUCE 101』シーズン1から今年の7月に終了した『PRODUCE X 101』(シーズン4)まで、全シーズンで投票結果の不正改ざんによる順位の変更があったことが確認された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-12-13 17:16:20