Red Velvet ウェンディ、骨盤と手首骨折する負傷 他メンバーは授賞式に参加


Red Velvetのウェンディが『2019 SBS歌謡大典』のリハーサル中に負傷した中で所属事務所SMエンターテイメント側が立場を明らかにした。

SMエンターテイメントの関係者は26日、毎日経済スタートゥデイにRed Velvetの今後のスケジュールと関連し「ウェンディを除くRed Velvetメンバー4人はKBS歌謡祭、MBC歌謡大祭典に出演して予定されたコラボステージ、MCなどメンバー個別の舞台にのみ参加し、Red Velvetとしての舞台は進行しない」と明らかにした。

続いて「ウェンディは現在、病院に入院して治療中」とし「健康が回復するまで治療に専念する」と付け加えた。

先立ってウェンディは去る25日に進行された『2019 SBS歌謡大典』のリハーサル中にステージから転落し、顔の負傷、右骨盤と手首の骨折という医療陣の所見を受けた。Red Velvetはウェンディの負傷で生放送舞台に立たず、事前収録を終えていた新曲『Psycho』の舞台のみ放送された。

これと関連しSBS側は「Red Velvetウェンディの快癒を願って、今後SBSは出演陣の安全管理に細心の注意を払う」とのコメントを明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-12-26 11:25:45