「V.Iのバーニングサン事件」数々の疑惑にも拘束礼状は棄却


『セクションTV芸能通信』ではV.Iから始まった「バーニング・サン事件」について整理した。

26日午後に韓国で放送されたMBCの芸能情報番組『セクションTV芸能通信』では2019年決算特集が組まれた。

この日、今年勃発した「バーニングサン事件」に対してV.Iは「広報だけ行っていた」と明らかにしたが、理事職から降りた。以後、1カ月後にバーニングサンは営業を中断した。

V.Iは警察に自ら出頭したが性売買斡旋容疑が明らかになって被疑者へと切り替えられた。しかしV.Iは性売買斡旋容疑を否認した。また薬物乱用の容疑も受けたが陰性判定を受けてV.Iの麻薬疑惑は一段落した。

ここに海外遠征常習賭博疑惑が持ち上がり、さらに警察との癒着疑惑まで浮上してV.Iは留置場に送られた。しかし5月14日に拘束令状は棄却された。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者 / 写真=
  • 入力 2019-12-26 23:18:18