キム・テヒ、5年ぶりのドラマ復帰を控え「BTSの曲が勇気をくれた」


キム・テヒが防弾少年団(BTS)に感謝を伝えた。

キム・テヒは5日午後、ソウル市九老区高尺スカイドームで開かれた「34回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門授賞式にプレゼンターとして登場した。

この日、キム・テヒは「私は2000年にデビューして早くも20年目を迎えた」とし、「これまで時には疲れ、時には大変な瞬間も多かったが、そのたびに私のそばで私を慰めてくれたのは音楽だった。音楽を愛する多くの方がそうであるように、私もK-POPに慰めと共感を得て、再びスタートする力をもらった」と告白した。

続いてキム・テヒは「私が5年ぶりにtvN『ハイバイ、ママ!』でお目にかかることになった」とし「久しぶりの復帰なので作品の選択にためらっていた瞬間にもK-POPは多くの勇気をくれた」と打ち明けた。

また「特にこの方の音楽を聴いて多くの勇気を得た」とし、最後の本賞受賞者である防弾少年団とSUPER JUNIORを呼称した。

キム・テヒはtvNの新しい土日ドラマ『ハイバイ、ママ!』で5年ぶりにドラマに復帰する。『ハイバイ、ママ!』は『愛の不時着』の後続として来る2月に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-01-06 08:14:52