元KARAのハン・スンヨンが怒りのコメント「残念な人生、礼儀は守って」


KARA出身のハン・スンヨンが悪質なネットユーザーに向かって怒りをぶつけた。

ハン・スンヨンは7日午後、自分のインスタグラムに「一つだけ聞きます。大切な人を失った人は自宅で泣いてばかりいるべきなんですか」と反問し、「本気で私が不安定そうで心配でしかたないなら、少なくとも礼儀は守るべきでは。手のひらを返すように覆すなら礼儀は守ってください」と不快感を吐露した。

続いて「私はそれなら、いつまでじっとしているべき適切な期間でもあるんですか?大切な人を失ってみたことはありますか?芸能人に悪質な書き込みなど気にするなと話しながら、あなたは気にするんですか?」と詰問したりもした。

その後、ハン・スンヨンはコメントを削除した後、心境を伝える長文のメッセージを再び掲載した。

ハン・スンヨンは「悪質なコメント?以前も今も、私は悪質なネットユーザーたちの人生を残念に思います。彼らがキーボード上で楽しみを追いかけるとき、私は一生懸命に生きて絶対に恥ずかしくない、誇りを持てる人生を作りあげました」とし「エンターテイナーの、エンターテイメントの範囲が誰かに楽しみのために非難・指摘するアイテムを提供することまでだと誰かが話していました。まあ完全に間違ってはないと思う。でもそのようなつまらない意味のない楽しみを追う残念な人々に私の時間と感情を与えるつもりはありません」と強調した。

これと共に「私はもう悪質なコメントが多くてもないけど、何人か注視してキャプチャしています。楽しみをも追い求めすぎて本当に滅びることもあります」と厳しい忠告を与えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-01-08 09:29:28