防弾少年団、カムバックトレーラー『Shadow』を公開


  • 写真=Big Hitエンターテインメント提供



来月21日、ニューアルバムをリリースする防弾少年団がトレーラーを公開しカムバックのカウントダウンを始めた。

防弾少年団は10日の午前0時、Big Hitの公式YouTubeチャンネルを通じて4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』のカムバックトレーラー『nterlude : Shadow』を公開した。

主人公はSUGAだ。3分間の映像の中で強烈なラップと派手なジェスチャーを披露した。

今回のトレーラーで防弾少年団は、前作『MAP OF THE SOUL : PERSONA』のように「自我探し」という話題を引き継いでいることが分かる。

「逃げても僕についてくるあの光と比例する僕の影」、「誰も言ってくれなかった、ここがどんなに寂しいのか」などの歌詞に成功による負担感と恐怖が込めらた。

SUGAに注目する群衆とSUGAの自我と欲求が擬人化された現象が登場し、彼に絶えず付きまとったり、カメラを向ける場面も出てくる。

モーションコントロールカメラ、超高速カメラ、グリーンスクリーンなど視覚効果を極大化する機器と技術を活用して劇的な雰囲気を演出した。

今回のトレーラーは、感性的でありながらロック要素が加味されたエモヒップホップジャンルの歌で、2013年9月に発売した防弾少年団ミニ1stアルバム『O!RUL8、2?』の同名のイントロ楽器をサンプリングして作った。

防弾少年団は17日に先行公開曲と『アートフィルム』を披露した後、来月3日、2つ目のトレーラー『EGO』を公開する。

防弾少年団のトレーラーのタイトルである「Shadow」と「Ego」は、スイスの心理学者カール・グスタフ・ユングの心理学理論に登場する概念だ。 Shadowは無意識にある自我の暗い面、EGOは意識の中心を意味する。

  • 写真=Big Hitエンターテインメント提供

  • MBN オンラインニュースチーム
  • 入力 2020-01-10 11:31:00