WINNER、アジアツアー開始 バンコク公演は大成功「忘れられない思い出」


グループ WINNERが、タイ・バンコクのコンサートを通じて華やかに新年のスタートを切った。

WINNERは11日(以下、現地時間)と12日の2日間、タイ・バンコクの サンダードーム・ムアントーンターニー (Thunder Dome、Muang Thong Thani)で、「WINNER~CROSS~TOUR IN BANGKOK」を開催し、グローバルな人気を証明した。

2018年の「EVERYWHERE」のツアー以降、単独コンサートで2年ぶりにタイを訪問したWINNERのために、空港ではメンバーたちを迎えるファンと共に熱烈な歓迎式が開かれた。公演前に行われたファンサイン会と記者会見でも、WINNERの現地での人気を実感させた。

  • 写真=YGエンターテインメント



本格的な公演に先立ち、 WINNERはタイの現地メディアが参加した取材の熱気の中で記者会見で様々なトークを交わした。殺到する質問に対し、メンバーたちの心こもった回答とセンスのあるコメントが、現場の雰囲気をさらに和気あいあいとさせた。

WINNERは「タイコンサートのために様々な準備をしてきたので、楽しんでほしい。 忘れられない思い出を作りたい」と期待感を最大限に引き上げた。

WINNERはヒット曲『EVERYDAY』で挨拶をした後『LOVE ME LOVE ME』『ISLAND』『REALLY REALLY』を通して観客たちの熱い歓声を引き出した。メンバーたちの個人ステージまで加わり、多彩なステージを披露した。華麗なパフォーマンスで観客を魅了した。

メンバーのソロの振り付けを直接学ぶ時間を持ち、公演の楽しみが2倍になった。 スタンディング席の中でソン・ミノの『 FIANCE』」に沿って踊れるファンを即席で選び一緒に鑑賞して、ファンとより身近にコミュニケーションした。

タイのINNER CIRCLE(WINNERのファンクラブ)は、公演初日に誕生日を迎えた イ・スンフンの為にサプライズケーキを準備した。

WINNERのメンバーは、ファンと共に誕生日を祝う歌を歌いながら、忘れられない大切な思い出を作った。また、ファンたちは2年ぶりに訪れたWINNERに向けて「あなたの存在は、瞬間ごとに私にとって最高の贈り物」というスローガンで、メンバーに感動を与えた。

最後にWINNERは「前回のツアーで新年を迎えたのがまるで昨日のようだが、このように新たなツアーで皆さんと2020年を迎えることになって本当に幸せだ"、ファンと一緒の新年公演に対する感謝の気持ちを伝えた。

ソウルを始めとし、台北、ジャカルタ、マカオを経由してバンコク・コンサートを大成功に終えた WINNERは、18日にクアラルンプール、25日にマニラ、2月1日にホーチミン、2月8日にシンガポールでアジアツアーを継続していく。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キムノウル記者
  • 入力 2020-01-13 21:29:03