シム・ウンギョン、映画『新聞記者』で日本アカデミー賞の優秀主演女優賞にノミネート


女優シム・ウンギョンが映画『新聞記者』で「第43回日本アカデミー賞」の優秀主演女優賞にノミネートされた。

17日、第43回日本アカデミー賞の公式サイトによると、シム・ウンギョンが『新聞記者』で優秀主演女優賞にノミネートされた。1978年に始まった日本アカデミー賞は主要部門の優秀賞を選出し授賞式当日、優秀賞受賞者の中から最優秀賞を発表する。

これでシム・ウンギョンは今年3月6日、東京で行われる授賞式で他の4人の日本の女優たちと最優秀主演女優賞をめぐって争うことになった。

『新聞記者』(藤井通人監督)は、大学新設をめぐる政治不正を暴く記者と、理想に燃えて公務員の道を選んだエリート官僚の葛藤を描いた映画だ。

シム・ウンギョンは映画の中で新聞記者の吉岡エリカ役を、日本の人気俳優松坂桃李がエリート官僚の杉原役を演じた。

映画は、特定の私学財団に特恵を提供したという日本の安倍首相の「加計学園」不正疑惑を連想させる内容で、公開前から話題を集めていた。様々な悪条件の中でも4億円(約43億ウォン)の収入を上げるなど、日本の観客に愛された作品だった。

一方、シム・ウンギョンはこれに先立って『新聞記者』で日本中央大学多摩キャンパスで開かれた「第11回TAMA映画賞」で最優秀新人女優賞を受賞した。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-01-17 08:59:17