キム・スヒョン「愛の不時着」特別出演 スパイ役で登場「お得なバイトを譲る」


俳優キム・スヒョンがドラマ『愛の不時着』にスパイとして特別出演した。

去る19日に韓国で放送されたtvNの土日ドラマ『愛の不時着』ではキム・スヒョンがスパイの一員としてサプライズで登場してエピローグを飾った。その役はキム・スヒョンが主演を務めた2013年に公開された映画『シークレット・ミッション』(監督チャン・チョルス)のパロディだった。

この日のエピローグで北朝鮮の総政治局長リ・チュンリョル(チョン・グクファン)の指示通りリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)を探すために韓国に来た第五中隊の隊員とチョン・マンボク(キム・ヨンミン)は、緑色のトレーニング服を着た男性と出会った。

男性は「私は同志よりもだいぶ前にここに来た。なかなか指令が下されず長く待ってている者だ」と自分を紹介した後、「ここも人が住んでいる場所だから、あまり怖がることはない」と助言した。

続いて「贈り物をひとつしよう。チャジャンミョン(ジャージャー麺)と焼き餃子をいつでも食べることができるバイトがある。誰にも正体を疑われない仕事を譲る。幸運を祈る」と配達の仕事を押し付けて逃げるように去っていった。

男性はその場を去りながらもかわいい笑顔で隊員を励まして笑いを誘った。

一方、キム・スヒョンのサプライズ出演は『愛の不時着』のパク・ジウン作家との縁で果たされた。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者 / 写真=tvN「愛の不時着」画面キャプチャ
  • 入力 2020-01-20 09:39:20