パク・スルギが第1子女児を出産「2日間の分娩誘発後に帝王切開、元気に育てる」


タレントのパク・スルギが第1子となる女児を出産した。

パク・スルギは21日、自身のインスタグラムに「2020年1月21日午後5時05分、私の娘バンタン(胎名)がついにこの世に出てきた日」と明らかにした。

パク・スルギは「心配と応援を送ってくださったおかげで無事に生まれた」とし「自然分娩でバンタンに会いたかったけど、2日間誘導分娩を試みたけど週数よりやや小さいバンタンが耐え切れず、最終的には帝王切開で子供を出産した」と伝えた。

続いて「2.53キロ、とても小さくて大切で触れるのも惜しいバンタンを元気に育てたい」と念を押した。

一方、パク・スルギは2016年7月、1歳年上の広告会社PDと結婚した。


以下はパク・スルギのコメント全文

2020年1月21日午後5時05分、私の娘バンタンがついにこの世に出てきた日。私がママになった日。心配と応援を送ってくださったおかげで無事に生まれました。

自然分娩でバンタンに会いたくて2日間、誘発分娩を試みたけど、週数より少し小さいバンタンが耐え切れず最終的には帝王切開で子供に会うこ​​とになりました。

#2.53キロ とても小さくて大切で触れるのも惜しい#バンタンコンギ #バンタン母と#バンタン父がしっかりと食べさせ世話をしてすくすくと育てます。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者/ 写真=パク・スルギ インスタグラム
  • 入力 2020-01-22 09:28:20