仏シャネルショーでのG-DRAGON…特有のオーラで存在感




BIGBANGのG-DRAGONがほぼ3年ぶりに仏パリでのシャネル・ショーを訪問した。

G-DRAGONは21日(現地時間)、仏パリのグランパレで開催された「シャネル2020春夏オートクチュールショー」に参加して席を輝かせた。

この日、パリのグラン・パレは故ガブリエル・シャネルが子供時代を過ごした最も重要な空間の一つである修道院の庭に飾ってあり、修道院からインスピレーションを受けたいくつかの美しい製品が披露された。


G-DRAGONは軍服務などで、2017年以来の約3年ぶりにシャネルのショーに参加した。生前に親交を交わしどのシャネルのチーフデザイナーだったカール・ラガーフェルド氏が昨年死去した後、初めてシャネルのショーを訪れた。 KポップスターでありグローバルなファッショニスタのG-DRAGONは、特有のオーラで各国を代表するセレブの間でも存在感を誇った。

  • 毎日経済スタートゥデイ_ソン・ジョンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-01-22 10:58:00